それでもBinanceが好き

それでもBinanceが好き

金融庁から警告をうけて、サイトから日本語表記やTOKYOの拠点表記が速攻でなくなったバイナンスですが、やはりアルトコインの数と取引のしやすさは非常に捨てがたいです。そもそもバイナンスがアウトとすると、他の海外の取引所の扱いはどうなるんでしょうか?

ワタクシ的に日本円が取引できないところは単純に日本で営業していないという認識でしたが、どうやらそういうことではないようですね。

そこで、客観的に仮想通貨取引所としてのバイナンスを改めてみてみたいと思います!

アルトコインの数

ただいまバイナンスの登録仮想通貨は290!さらにはそれぞれのコインの解説もかなりちゃんと掲載しています。ワタクシはTRX欲しさにまず登録しました。VergeやらCardanoやら、それはそれはめくるめく世界が広がっています。イギリスのHitBTCやアメリカのBittrexなども選択にありますが、それぞれ長所、短所があり、ワタクシ的にはやはりまずはバイナンスという感じです。

セキュリティ

意識は高いと思います。先日ハックされたときもすぐにアラートが発動して瞬間で対応、逆にハッカーが損をしたという話です。こんな時代、何がどうなるかわかりませんが、コインチェックのようなことは起きないと信じています。しかしそんなワタクシも先日見事にひっかかりました、仮想通貨詐欺!内容はバイナンスのプロモーションを偽ったもので、しかもバイナンスのツイッターのスレッドの中に”記念プロモーション.5ETHを送ると5ETH返金、限定10000ETHのみ”というやつで、かなり疑ってみたものの、.5ETHをまんまと送ってしまいました。そのあとバイナンスに問い合わせたところ、プロモーションは必ずウェブからエントリーするように言われました。そりゃそーだ。

取引のしやすさ

とにかくやりやすいです。指値はもちろん、売買のレンジ設定も可能、チャートはTradingViewで変に格好をつけていない、しかもローカル通貨BNBを購入しておけば取引量は爆安!もう自分はホームグラウンド化しています。

今後のバイナンス

金融庁は何を考えているんでしょうか?健全に扱って日本で歓迎すれば相当な税収を見込めるのに、バイナンス側はもう完全にアウェイなモードに入っている感じです。日経のひと騒動の最中に日本語関連の情報を一切削除して、マルタ島でも拠点設置を発表しました。もう、日本はいいやって感じでしょうね。ああ、もう日本政府。それとも中国からの圧力なんでしょうか?

ワタクシとバイナンス

よっぽどことがない限り、使い続けます。だってこれ以上のところないですし、もう慣れちゃってるし。人にも変わらずススメていくと思います。だって本当に使いやすいんですよ、バイナンス。これ、日本政府がどーのとなったとき既存ユーザーの扱いはどうなるんでしょうね?資産も置いてあるわけだし、何か強行できるとは到底思えませんが。。。二度と日本人は登録できなくなってしまったりして。。。

と、いうことで賛同してくれる方、バイナンス応援しましょー!

Post a Comment

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください