LISK リスク LSK

公式HP: https://lisk.io/
取引所: Binance, bitFlyer, HitBTC
採掘:  PoS

[tv-chart symbol=”LSKBTC” autosize=”1″ language=”ja” interval=”5″ timezone=”Asia/Tokyo” theme=”White” style=”2″ toolbar_bg=”#f1f3f6″ enable_publishing=”” hide_top_toolbar=”” withdateranges=”” hide_side_toolbar=”” allow_symbol_change=”” save_image=”” details=”” hotlist=”” calendar=”” stocktwits=”” headlines=”” hideideas=”” hideideasbutton=”” referral_id=”7114″]

LiskはJavascriptプラットフォームの分散アプリケーションとサイドチェーンです。

LiskはCTOのCrypti – Olivier Beddowsと最高経営責任者(CEO)のMax Kordekの後ろのチームから設立されました。両方の創設者は以前はCrypti Foundationの積極的なメンバーでしたが、Cryptiが取っている方向性に賛同できなかったメンバーがLiskを始めました。 Lisk開発では、Cryptiの暗号化基礎モデルではなく、分散型のスタートアップモデルを使用しました。

Liskは2016年初頭にICOを実施し総額約6.15億ドルを調達しました。

合計1億のLiskが以下に配布されます:
– ICO参加者の85%
– コアチームの8%
– キャンペーンと賞金の4%
– アドバイザーとパートナーのために2%
– 社会的賞金のキャンペーンでは1%

最初の1年間は5 LISKのブロック報酬があり、1ブロックにつき1 LISKの安定したブロック報酬が得られるまで、毎年1 LISKずつ減少する。

Liskは既にMicrosoft Azureの「Blockchain as a Service」(BaaS)に導入されています。

  ワタクシのLSKにたいする見解

2018年2月にbitFlyerに上場されて話題になりました。それまで日本ではコインチェックでしか購入できなかったので、コインチェックが機能していない今、日本の取引所ではbitFlyerを利用するしかない状態です。海外ではBinanceHitBTCが利用可能です。