Litecoin ライトコイン LTC

公式HP: http://litecoin.org
取引所: Binance, bitbank, bittrade
採掘: PoS, MinerGate

[tv-chart symbol=”LTCBTC” autosize=”1″ language=”ja” interval=”5″ timezone=”Asia/Tokyo” theme=”White” style=”2″ toolbar_bg=”#f1f3f6″ enable_publishing=”” hide_top_toolbar=”” withdateranges=”” hide_side_toolbar=”” allow_symbol_change=”” save_image=”” details=”” hotlist=”” calendar=”” stocktwits=”” headlines=”” hideideas=”” hideideasbutton=”” referral_id=”7114″]

Litecoinは、Charlie Leeによって作成されたピアツーピア暗号です。 Bitcoinプロトコルに基づいて作成されましたが、使用されるハッシュアルゴリズムに関して異なります。 Litecoinはメモリ集中型のScryptの作業マイニングアルゴリズムを使用しています。 Scryptは、GPUなどのコンシューマーグレードのハードウェアでこれらのコインを掘り起こすことができます。 Litecoinのトランザクション確認時間は平均で約2.5分(Bitcoinの10分に比べて)です。 Litecoinネットワークは8400万通貨単位で上限を設定する予定です。 Litecoinは、ASIC鉱夫がそれらのコインを採掘するのを防ぐために、Scryptハッシュアルゴリズムのために、他の多くの一般的な代替通貨(例えばDogecoin)に影響を与えてきました。しかし、今年末までに、Scrypt ASICは大衆市場に参入すると言われています。

  ワタクシのLTCにたいする見解

海外では随分期待されている模様です。と、いうのもメンバーのトップがイーサリアムの元主要共同出資者のひとり、技術陣も先鋭となると政治も内容も完璧ということになります。肝心の機能はというと、とりあえず次世代通貨に必要な高速性、秘匿性などをほとんど備えているという感じです。噂によると、すでに次のコインの開発にも着手しはじめているとのことです。ウワサですよ。