NEM ネム XEM

公式HP: https://www.cardanohub.org/ja/home-2/
取引所: Zaif, HitBTC, Cryptopia
採掘: Proof of Importance

[tv-chart symbol=”XEMBTC” autosize=”1″ language=”ja” interval=”5″ timezone=”Asia/Tokyo” theme=”White” style=”2″ toolbar_bg=”#f1f3f6″ enable_publishing=”” hide_top_toolbar=”” withdateranges=”” hide_side_toolbar=”” allow_symbol_change=”” save_image=”” details=”” hotlist=”” calendar=”” stocktwits=”” headlines=”” hideideas=”” hideideasbutton=”” referral_id=”7114″]

NEMはピアツーピア暗号プラットフォームです。これは、100%元のソースコードでJavaとJavaScriptで書かれています。 NEMは広範な分布モデルの目標を掲げており、重要度証明(POI)アルゴリズムでブロックチェイン技術の新機能を導入しました。 NEMはまた、統合されたP2Pの安全で暗号化されたメッセージングシステム、マルチサインアカウント、Eigentrust ++評判システムを備えています。 NEMは2014年6月25日からオープンアルファテストを開始し、2014年10月20日より長時間にわたる包括的なベータテストを実施しました。 POIは、誰が次のブロックを計算するかを決定するためにNEMで使用されるコンセンサスアルゴリズムです。アカウントの重要性は、それに含まれるコインの数と、そのアカウントとの取引の回数によって決まります。 POIは、ネットワークの全体的なサポートを考慮しない料金共有モデルを使用する他のイニシアチブとは異なります。ステーク・フォー・ステーク・システムでは、ブロックを形成するために大量のコインを必要とするだけである。しかし、NEMでは、取引量とネットワークのサポートが要因になります。これは、NEMのユーザーが単にNEMを保持するのではなく、代わりにNEMのエコシステム内でトランザクションを積極的に実行するように設計されています。

  ワタクシのNEMにたいする見解

コインチェックのハッキング騒動で知名度は上がったものの、なんとなく印象が悪くなってしまったイメージがありますが、ネム自身にはまったく非はありません。むしろきちんとトラックダウンしてタグをつけ、動きを監視するという非常に今風な流れで、みなさんもご存じの通り、Cryptopiaで売買されていたことまで突き止められました。むしろ安くなった今、非常にお買い得なんではないでしょうか。またウォーレットにいれておくと増えていく、ハーベストというのも愛を感じます。