ワタクシはなにを基準にコインを選んでいるのか 2018年1月編

  安いコイン

もちろんビットコインや、イーサリアムなど王道コインでFXのごとく普段は堅実に、やるときとはやる!という感じで、いけちゃう人もたくさんいると思います。それはそれでよいんですけど、まだ安くて、伸びるのりしろが大きいコイン初心者にとって小さなリスクで楽しみながら運用できそうです。宝くじと思って多めにそんなコインを買っておくというのもアリだと思います。バイナンスなど海外の取引所のマーケットで価格順に表示してみれば、安いコインを見つけるのはとても簡単です。そして、そのコインの直近・中長期の動向を見てみましょう。何か見えてくると思います。もしかしたら、どん底のコインが大ジャンプの可能性を秘めているかもしれませんよ。

安いのを見つける!

これはバイナンスで安いコインを表示してみたところです。バイナンスで取り扱いのあるコインで対BTCで表示してみるとトロン TRXが最安値ということになりますね。値段の推移も今下降しているようです。上がっているやつもよいんですけど、底値になっていればあとは上がるだけ!実際の価格は1コイン15セントくらいです。こういうのを見つけたら、今度はそのコインのことをグーグルで調べまくります。まずはcoingeckoあたりで正式名称やらホームページやら。たとえばこのTRX、coingeckoにちゃんと掲載されています。あんまり解説はありませんが、トロンのホームページのリンクがあるので、行ってみます。作法として一通り目を通して、ちゃんとメンバーとかもチェックします。この手の人たちは大抵ツイッターにアカウントを持っていて、頻繁にツイートするので、ツイッターでもフォローしてみたりします。なるほどトロンのイケメン社長さんのツイートから、2017年末に来日していたこと、企業との提携が間近なこと、などがわかります。

うーん、ワタクシ的にはスゴく買いに見えます。所詮1か月生の判断なので、まったくもって信頼性のない判断ですけど。

  コインの性能

正直なところ、コインの性能、ホワイトペーパーとかよんでもほとんど理解不能です。ただし、そのコインの開発力、哲学などの空気感くらいはつかんでおいたほうが良いと思います。ちゃんとしてるか、してないかくらいはなんとなくわかります。また、できるだけそのコインが生まれた背景をインターネットで調べてみます。

  実はコイン運営側の政治力では?

結局はコイン運営側の政治力がポイントなんではないかと、リップルを見ていてつくづく思いました。技術的なほころびはバージョンアップで修正することが可能です。STEAMがビットコイン採用をやめた理由の、手数料が高すぎるっていうのもありますが、話を大手にもっていく政治力と営業力、その話を決めてくる政治力と営業力、これに尽きるんではないでしょうか。上場しているコインで性能的にサイアクにヘッポコなものはそうそうないと思いますし、性能に関してはある程度担保できると思います。

ただ2018年に入ってワタクシが感じるのは、匿名性のあるものは逆に排除されていくかもしれないということです。もちろん匿名性って市場は好みますが、中央管理側は好みません。さらにまマネーロンダリングや犯罪に利用しやすい環境を作ってしまうことになります。モラル的に見てイカンと思うのです。まぁ、反対勢力っていうのは常にあるものなので、匿名性に強いコインが死に絶えるとも思えませんが、メインストリームではなくっていくと思えてなりません。今後は既存システムに親和性があって、浸透しやすいコインが台頭してくるんではないでしょうか。

  取引所のチャット

万国共通、どこもまともに機能しているのをみたことがありません。でも、たまに貴重な情報があったりするのも事実です。とくに初心者にとっては知らない用語などが出てきて、ググって初めて理解できたりと、無視するのももったいないです。チャットウインドウで発言されたことを鵜呑みにするのではなく、一情報として参考にするくらいにとらえるのが良いと思います。いずれにしろ根拠のない発言が多いので注意が必要です。