ビットコイン・アルトコインで儲かった場合の課税

  税金の種類

基本的になんにでも税金がかかるお国柄の日本です。暗号・仮想通貨で得た利益にもたくさんの税金がかかります。さらに税金逃れをすると、途方もない重加算税が課せられ、破産したひともいるようです。うーん、税金関連はいつも謎が多いです。で、雑所得という所得枠に分類され、5%〜45%の税金が課せられる模様です。

参考にさせていただいたfinteさんの記事にはさらに興味深い節税なのか脱税なのかという解説もあるので、読んでみてください。非常に参考になります。

参考サイト:
finte仮想通貨の税金対策方法8選|これって節税?それとも脱税?
国税庁タックスアンサー

課税対象の所得金額(課税所得額) 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円~330万円以下 10% 97,500円
330万円~695万円以下 20% 427,500円
695万円~900万円以下 23% 636,000円
900万円~1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円~4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円以上 45% 4,796,000円

大儲けしたときに心配すればよい

早い話、大儲けすればするほど課税額が大きくなっていくわけで、利益が100万くらいであればそれほど心配する必要はなさそうですね。しかしワタクシとしては円に換えてしまうよりコインにしたままにしておいたほうがさらに増える可能性もあるわけですし、銀行に預けるよりは増える可能性が高い!まぁ、そんな悩みができる気配もないですけど。

あ、そうそう公的な文章なども含めていろいろ読んでみましたが、どこにもアルトコインという言葉は出てきませんでした。全部ビットコインで統一!でも、アルトコインでも同じことは明白です。ルール内で賢くプレーしましょう。