暗号通貨・仮想通貨初心者が考える2018年

滑り込みで2017年末から暗号通貨・仮想通貨コインを真剣に考え、実際に自分で購入して運用し始めたワタクシですが、そんなずぶの素人が2018年を考えます。

  Bitcoinは終わらない

終わるわけがありません。世の中のすべての取引所のペアの軸になっていて、物理的に排除することができるわけがありません。さらには既存の社会システムにすでに組み込まれはじめているので、これはもう消せません。ビットコインだけは代替えできないと思うんです。値段は上下すると思います。初心者ながら思うのは、もう一回くらいは高騰があるような気がします。2018年の1月の今コインチェックで180万円くらいの値段がついていますが、300万くらいいってもまったく不思議に思えません。自分も投資家であれば、絶対に100枚くらいは買ってキープです。ただしもう投機対象ではなく、投資対象になった感じがします。

  次なるBitcoinはどれだ?

順当にいけばイーサリアムなんでしょうね。でもワタクシはリップルが表向きの暗号通貨・仮想通貨の代表選手になる気がしてなりません。なんと言っても金融関連の後ろ盾がハンパないです。リップル見ていてつくづく思うんですけど、リップルってまさしく中央管理された暗号通貨・仮想通貨で、ビットコインの哲学と真逆にいっているような気がしてなりません。でも、既存の金融システムのひとたちが、暴走気味の暗号通貨・仮想通貨を制御できると思ったら、どうでしょう。全力でその暗号通貨・仮想通貨を担保しにいくと思うんです。しかもリップルはすでにロックアップ済、送金は最速で4秒で完了、すでに出来上がっていて、技術陣も信頼できる。いままでだったら、全部組織ごと買っちゃうでしょうけど、それもXRPを買い占めれば済んでしまう。こんなおいしい話はありません。ゆえにビットコインの次はリップル主役の時代がやってくると思った次第です。

  儲かるコインはどれだ?

人気の落ちそうなコイン

既存金融システムが本格的に参入してくるにあたって、中央管理側がいやがるのは秘匿性だと思います。ワタクシもこの部分に関してはなぜそこまで秘匿性が重要なのかはわかりません。タックスヘイブンが摘発されたように、物事にはこのようなグレーゾーンというか、のりしろのようなものが必要なのは理解します。なので全く透明にする必要もないし、秘匿性を擁護する必要もないと思うのです。

Dash、Monero、Zcash

あたりが匿名性をセールストークにしていると思いますが、ワタクシ的にはちょっと前途多難なイメージです。

当たり前になるコイン

かと言って、透明性の高いものがもてはやされるということでもないと思います。世は常に闇を必要とします。平常を保つための非日常があり、光あれば影あります。いざとなれば匿名性を求められることもあって、その性能も非常に重要です。よく陰謀説的なもので中央がこっそり人間を監視して管理しているなんてものを見たり聞いたりしますが、陰謀でもなんでもなくて全くもってその通りだと思います。ただ人間をロボットのように扱っているわけではなく、人間はある程度管理されたほうが平和に生活できるからなのです。ちゃんと管理しないと暴走しちゃう人、たくさん出てくると思います。

ちょっと脱線しましたが、そういった制御しているひとたちが、ある程度社会の舵を切るのに使える暗号通貨・仮想通貨、それがリップルということでしょう。総資産でも圧倒的な短期間で世界一になったり、チャートで不自然な動きを見せたりと、もうひとりで着々と確固たる地位を築いています。

以上のことからリップルは儲かるコインというか軸になっていくコインである程度の量はもっておく必要がありそうです。

人気の出そうなコイン

2018年は暗号通貨・仮想通貨元年とかいうフレーズをちらちら見ますが、ワタクシは暗号通貨・仮想通貨実用元年になるような気がします。投資や投機対象の時代は緩やかに収束していって、実際に生活に浸透していく年になるんではないかと思います。今生活に浸透している買い物するたびつきまとうポイント、カバンの中はカードだらけ、あれが暗号通貨・仮想通貨に置き換わって、すべてがスマホのアプリウォレットに集約されちゃうのが今年!ユニバーサルな通貨が真っ先に必要なのはそこで、それが既存の金融に暗号通貨・仮想通貨を媒体に接続されると、これはもうスムーズに物事が進むわけです。頭のいい人たちが無視するわけがありません。リップルというハブが見えてきた今、どんなコインをつくっても一回リップルにさえすることができれば、実現できちゃうわけです。もう喧嘩する必要はありません。今後はさらにコイン特性の細分化が進んで、業界ごとにキングコインが生まれていくに違いありません。と、いうことで実用性特化性を重要視していきたいと思います。あ、あともちろん安いやつでないとダメです!

Cardano ADA
デビットカードと接続ウォレットダイダロスと爆速転送速度

まずはCardano ADA。リリースが大きく遅れたり、いざトークン発売になったら日本だけとか妙なことが続いてせいで詐欺だとか言われて日も浅いコインですcardano AIDAですが、ワタクシは有望コインの一つだと思います。細かな技術的なことはよくわかりませんが、強固な技術陣がいることは明らかです。ロードマップを見ても未完成のものが多いですが、それぞれ非常に意味の大きなミッションです。それにしても、もう少しわかりやすい日本語で書いてくれませんかね。部分的に何がなんだかさっぱりわかりません。でも、すごそうです。なによりインパクトがあるのがダイダロスというウォレット!現状でスマホ版がないのは致命的な感じはしますが、爆速転送でビットコイン、イーサリアムも取り扱い可能となれば、使う価値はあります。

Tronix TRX
日本上場でどのくらい進化できるか

エンターテイメントを身近なものにするために開発したと主張するトロニクスまたはトロン!社長さんは中国の音楽配信サイトPeiwoの社長さんでもあらせられるところの、Justin Sunさん。若くてイケメンです。この時点で心のせまいワタクシはすこし意味もなくカチンときますが、それは横へ置いておいて、コインそのものの性能に着目します。

TRONは、ブロックチェーンと分散ストレージ技術を用いて世界的な無料のコンテンツエンターテインメントシステムを構築することを目指したブロックチェーンベースの分散型プロトコルです。

意味がサッパリわかりません。でも、政治的営業力がコインの運命を大きく決定することはリップルが証明したわけですが、トロン、抜け目がありません。なんといってもJustin氏本人がPeiwoの社長なわけで、Peiwo自体ですでに会員が1000万人です。さらには2017年末に氏は来日しています。手ぶらでかえるとは思えません。もし、日本の取引所上場を果たしたら、トロンも大きくその存在を主張してくると思います。

Po.et POE
デジタルクリエイティブ資産の所有権を証明するノダ!

これ、アドビとかが合流してくれれば鉄板になると思うんですけど。どうでしょうか。とか思っていたら、Po.et本家のブログに関連しそうな記事を見つけました。なるほど、Po.etがあれば直接売ることもできるではないか、ということですね。まぁ確かにそれもありですが、ワタクシはAdobe Stockのようなポータルもあって、いままで所存がもやもやしていたストックライブラリにある写真の出どこがユニバーサルなフォーマットで明らかになっていくだけで、大きな意味を持っていくと思います。と、いうことでぜひ仲良くしてみてください。

EthLEND
融資もスマートに暗号通貨・仮想通貨で!

ビジネスを起こすのにどうしても必要になる軍資金。一般常識でいけば銀行から融資を受けて、ということになりますが、必要になるプロセスを含めて全部暗号通貨・仮想通貨でやってしまおうというのが、このEthLENDのコンセプトのようです。いずれ、リップルに飲み込まれてしまいそうな考え方ですが、少なくとも今のところリアバルは見当たりません。

最後に

と、いうことで2018年は本当の意味でコインの特性と将来性を見極めていく必要がでてきそうですね。それと仮想通貨という呼び方、これはもう違和感ありまくりです。暗号通貨です。仮想ではないですね。誰が言い始めたんでしょうか、仮想という呼び方、ワタクシは最初から大きな違和感を感じていました。銀行に入っている数字の方が、よっぽど仮想に見えて仕方ありません。

ワタクシ、真剣に暗号通貨・仮想通貨をはじめて一か月なんですが、いかがでしょう、ワタクシの予想。自分自身でどのくらいピントがずれているのか、今後どうなるかが楽しみです。

2018年1月5日 暗号通貨・仮想通貨初心者のワタクシ