2段階認証 Google Authenticator

こんな感じで数分ごとに任意の数字に入れ替わります

多くの取引所では不正アクセスを防ぐために2段階認証を推奨しています。2段階認証の方法にはいくつか種類がありますが、Google Authenticatorを利用するのが一般的でスムーズです。

オンラインバンキングでワンタイムパスワードというのがよくあると思いますが、Google Authenticatorもおなじものと思ってよいと思います。数分枚に変化している6桁の数字を入力しますが、その6桁の数字の内容も関連したサイトによって異なっていて、決して複数のサイトで同時に使用できるものではありません。その固有の数字を入力することによってログインや送金の信頼性を向上するということです。

  SMS認証

他の方法でよく利用される方法として、SMS2段階認証というのがあります。登録した電話番号に必要に応じて数桁の番号が送られてくるので、その数字を入力して認証を行うものです。注意したいのが海外の取引所での番号登録の仕方。日本の国番号は81ですが、この部分は大抵プルダウンとかで、国名を選択すれば解決できます。問題は番号部分で、大抵の場合一番最初の”0”を省いた番号を入力する必要があるようです。

例えば日本国内で使っている番号が090-1234-5678だった場合、入力するべき番号は90-1234-5678になるわけです。