[browser-shot url=”https://www.binance.com/?ref=13797123″ width=”600″]

  メリット

  • 取り扱いコイン銘柄が多い
  • 海外の取引所なのに日本語対応a
  • すぐに取引を開始できる!

  デメリット

  • 謎な日本語

  コイン数

[gdrts_stars_rating_auto distribution=”normalized” template=”expanded” alignment=”none” style_type=”font” style_font_name=”like” style_image_name=”star” style_size=”20″ font_color_empty=”#878787″ font_color_current=”#dd9933″ font_color_active=”#dd9933″ /]

  バイナンスの印象

非常に良い取引所です。BTC・ETH・BNB・USDTのペアで非常に多くのアルトコインを取引することが可能です。画面も非常にわかりやすくトラブルも少ないです。

海外の取引所というと少し二の足を踏んでしまいますが、このBinance(バイナンス)での通貨の流通はビットコインかイーサリアムのお馴染みの通貨で取引できるので、そんなに日本の取引所変わりません。もうひとつの軸、BNBは不規則にペアが少ないような印象です。

登録は非常に単純明快でウェブ身分証明書なしで、瞬殺で運用を開始できます。ただし身分証明証なしでは1日に2BTCの転送までという条件がついています。ためしに日本の免許証で申請してみましたが、普通に拒否されました。

そもそもビットコイン、イーサリアムを入手してから、そのいずれかをバイナンスへ送金する必要があるので、日本の取引所への登録やSpectroCoinのような場所でコインを購入することが必要になります。

メリットは、ズバリ!銘柄の多さ!

取り扱い銘柄の多さは半端ありません。下に取り扱い銘柄を列挙してみました。まだ激安の銘柄も多く、爆上げ一撃利益も夢ではないかもしれません。しかしながら、ここまで多いとどれに投資すればよいのやら、さっぱりわかりません。

このアルトコインの多さ!まだ安いコインもたくさんあります。もう、ワクワクです、早速登録しちゃいましょう。登録は非常に簡単です。一日2BTCまでの取引であれば、身分証明証での本人確認の必要もありませんので、即運用開始です!

と、意気込みをキープしつつbitFlyer(ビットフライヤー)coincheck(コインチェック)zaif(ザイフ)、GMOコインbittrade(ビットレード)bitbank(ビットバンク)のいずれかに登録していない人は先に登録しておくのが吉です。なぜかというとBinance(バイナンス)では現金の入金ができないからです。入金はあくまでコインでというのがBinance(バイナンス)の作法です。以下に口座開設までの手順をまとめます。

  申し込み

用意するもの

1.バイナンスへGO-!

下のボタンをクリックするとバイナンスの画面が別のタブで開きます。

2.登録を開始するボタンをクリック!

不安な方は、いろいろと読んでみてください。もっと不安になること請け合いです。この時点で不安がつのる方は、そもそも向いていないかもしれません。いずれにしろ現金は全く介入しませんし、ワタクシ自身登録してみて、なにも怪しいことはありませんでした。

3.必要事項の入力!

単純明快、メールアドレス、好きなパスワード、もう一回確認のための、同じ好きなパスワード、Referral IDの欄はオプションなので空欄でもかまいません。

入力したら、その下のチェックボックスをクリックして登録ボタンをクリックします。

しばらくすると、登録確認のメールが入力したメールアドレスにとどくので、Verifyをクリックして、バイナンスへアクセスするとめでたく登録が完了になります。なんと、これだけ!

こんな確認用メールです

  入出金

次は資金を送金します!バイナンスで通用するのはBitcoin ビットコイン BTCEthereum イーサリアム(イーサ)ETHです。通常の通貨は入金できません。日本の取引所には日本円を入金することができるので、口座のない方は下のいずれかで口座を作ります。

bitFlyer(ビットフライヤー)coincheck(コインチェック)zaif(ザイフ)GMOコインbittrade(ビットレード)bitbank(ビットバンク)

ところで、Bitcoin高騰のため、Bitcoinでの送金は手数料がスーパー割高になるので、イーサリアムで送るのが良いと思います。それとBNAという通貨を少し買っておきましょう。取引の時の手数料がなんと半額になります。

バイナンス通貨BNBでの手数料支払い設定 かなり重要

これ設定しておくとかなりオトクです。取り引きの手数料が0.01%から0.005%と半額になるのです!

画面右上のAの人型のアイコンをクリックすると、うえの画像のようなマイアカウントページへ遷移します。で、Bの部分のスイッチをクリックしてONの状態にしておきましょう。

日本の取引所での口座開設には本人確認が必要なものばかりです。口座を新しく作る方々はここで、少し足止めを食らいますが、じっと我慢してください。場合によっては1週間くらい待たされます。ワタクシ、Zaifの正式開設まで2週間ほど待ちました。

それでは待っている間、送金先のバイナンスで送金アドレスを確認しておきましょう。

バイナンスでイーサリアムのアドレスを取得する

①ページトップにある資産をクリック>預金をするをクリック

これ非常にわかりにくかったんですが、資産>預金の引き出しと書いてありますが、機能的には資産>入出金という感じです。選択すると画像のように通貨のリストがずらりと表示されます。

②イーサリアムの預金ボタンをクリックします。

アコーディオンでかくされていたインターフェイスが出現します。

③出没したETHアドレスをコピーします。

これが日本の取引所から送金するときの送金先アドレスになります。送金は10分程度で完了します。

  取引

さぁ、本番です!ガンガン行きましょう!アクセスすると以下のような画面が表示されます。

ログインしようとすると、またこんな画面になります。

ワタクシは一瞬状況を飲み込めませんでしたが、要は縦三本線がついているボタンをスライドせよということですね。これインターフェイスデザインがだめですよ。と、いうかボット対策だから、こういうのがいいのかな。失敗すると、こんな感じです。

成功すると、こんどはGoogle認証です。うーん、とても厳重です。このGoogle認証は他の取引所でも採用していることが多いのでスマホにインストールしておいたほうが無難です。

Google認証に表示されている6桁の数字を入力して、合っていればめでたくログイン成功です。このときGoogle認証に表示されている文字が赤くなっていたら、一息おいてください。すぐに新しい数字が発行されるサインです。

微妙にわかりずらいですね。上の” 入出金”で、イーサリアムをバイナンスへ送る方法を説明しました。ビットコインをバイナンスに送るとなると手数料がかなり割高になります。さらにバイナンスでは日本円を直接入金することができません。ということで、大量の種類のアルトコインを購入するためにはイーサリアムをとりあえず、バイナンスに送らなければ話にならないということです。

それでは画面トップ、バイナンスロゴマークの隣にある取引センター>ベーシックを選択しましょう。

TRX/ETHのペアが選択されている画面です。

画面左:売り買いのリアルタイム表示

中央上:チャートです、画像では1分単位の表示になっています。この画面は売り買いの温度感をグラフ化した深度表示にも切り替えることができます。

中央下:取引エリアです。ここで購入・売却を行います。Limitは指値で、Marketが成行、Stop-Limitはイマイチよくわからないんですが、損切や利益確定の定義用にあるものだと理解しています。

画面右:上側にペアが表示されています。画像ではBCPT/ETHが一番上に表示されています。ここで選択したペアが、画面全体に反映されます。例えばADAをEthereumで取引したい場合、ADA/ETHを選択すればよいわけです。問題はそのペアの数の多さ。お気に入りを をクリックして登録したり、軸になるペアをBTC、ETH、BNB、USDTから選んだりして、絞り込んでいくことで解決できます。

正直、どこの取引所よりも超絶にわかりやすくてワタクシは大好きです。チャットとかもありませんし。とにかく集中できる。迷わない。

  レベル2のアカウント

バイナンスのアカウントには2つのレベルが用意されていて、いままで紹介してきたレベル1では身分証明証の提示が必要なく、1日2BTCまでの引き出しが可能です。レベル2になると、100BTCまで可能になり、レベル3ではそれ以上ということになっています。

レベル2の申請に挑戦

BTC100の申請にはパスポートの表紙、本人の写真のあるページのスキャン、そしてそのパスポートと”Binance”という文字と”申請の日付”を持ったセルフィー写真が必要になります。

ウェブカムかなんかで適当に撮影すればよいと思いますが、意外に全部キチンと撮影するのが難しいです。ワタクシ、写真がだめで2回リジェクトされました。。。このイラスト(これバイナンスからコピーしたものです)のように手を前に出したら、絶対に全部にピントがあいません。書類をもっと顔に近づけないとだめです。

ちなみにWindows10ならカメラという最初から入っているアプリ、Macの場合はPhotoBoothという、これまた最初から入っているアプリで簡単に撮影することが可能です。スマホで自分で撮影するのは至難の業だと思います。

  スマホ用アプリ

iOSの場合なんですが、なぜかiTunesストアにこのアプリはありません。ワタクシ、残念ながらAndroidの端末を持っていないので、Android用のアプリのインストールの事情がイマイチわかってませんが、iOSの場合は以下の設定が必要でした。

バイナンスアプリはここにあります。

  1. QRコードをスキャン
  2. アプリをダウンロード、この際iPhoneが不満を言いますが、無視します。
  3. 設定>一般>プロファイルとデバイス管理へすすみます
  4. Hunan Shintou Technologyをタップ
  5. 次の画面で青い文字で出ているHunan Shintou Technologyをまたまたタップ

これでダウンロードしたアプリを使うことができるようになると思います。

アプリのアップデートがかかると、また起動できなくなってしまう場合があります。その時は、設定>一般>プロファイルで既存に許可したプロファイルを削除してみてください。ワタクシはその方法で何回か解決しています。

  総評

日本の取引所に満足がいかなくなったら、まずバイナンスへ移行することをオススメします。ワタクシは右も左もわからない状態で登録してみましたが、1週間程度でほぼホームグラウンドのような感覚になりました。ある程度の資金をイーサリアムでもって、各コインの動向を見ながら売買していく。下がりきってこれから上がりそうなやつを買い、上がりきった雰囲気のものを売る!これだけで小遣い程度の利益をコツコツと上げていくことができています。初心者にも非常にオススメな取引所、それがバイナンスです。手数料が爆安なのも大変よいです。