bitFlyer

[browser-shot url=”https://bitflyer.jp/?bf=3101bhgn” width=”600″]

  目次

  メリット

  • 根拠のない安心感
  • 口座開設が他の国内取引所に比べるとはやい

  デメリット

  • 手数料の高さ
  • なんかちがう

取り扱いコイン銘柄

Bitcoin ビットコイン BTC | Ethereum イーサリアム ETH | Ethereum Classic イーサリアムクラシック ETC | Litecoin ライトコイン LTC | Bitcoin Cash ビットコインキャッシュ BCH

[gdrts_stars_rating_auto distribution=”normalized” template=”expanded” alignment=”none” style_type=”font” style_font_name=”like” style_image_name=”star” style_size=”20″ font_color_empty=”#878787″ font_color_current=”#dd9933″ font_color_active=”#dd9933″ /]

  • 新たにアルトコインが追加される模様です
  • アメリカに次いで、ヨーロッパでの展開の発表がありました!まずはビットコインとユーロのペアをプロトレーダー向けに開始な模様です。

1月23日

  bitFlyer ビットフライヤーの全体的な印象

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所でこの広告本当によく見ます。これだけ広告打てば手数料が高くなるのもうなずけます。おかげで根拠のない安心感はバツグンです。取引所というより、何か違うベクトルを持っている印象です。bitFlyer Lightningというフルスクリーン多機能画面も用意されていますが、正直使いやすくはないです。

コインの購入や取引だけではなく、ビットコインを使って何かを購入したり、ビットコインがもらえるキャンペーンの紹介、ビットコイン決済のショップ設置など、ビットコイン、アルトコインのトレードという視点とは別に、俯瞰で暗号・仮想通貨をとらえた姿勢が見て取れます。ワタクシはこの懐が広そうなところが気に入って、bitFlyerからはじめました。まったく関係ないですけどこのモデルさんの写真、なんでこんなに硬い影にしたんですかね?どうでもいいんですけど、なんかおっかない。

ビットフライヤー会社説明のページの出資会社をみると、なるほどとうなずける面々です。ぜひ見てみてください。

ちょっと注意、結構高い手数料と差額、スプレッド

bitFlyerの手数料一覧があります。で、販売所を見てみると、

参考額と書いてあることに注目です。表示されているのはあくまで売買の真ん中の額で、ここへきた限り買ったり、売ったりするわけです。当然買うときは上の額、売るときは下の額となり、ここに大きな差額があります。実質これが手数料と思って構わないと思います。ここへ正規の手数料が上乗せされたら、とんでもない額の手数料になりそうです。

取引所を見てみると、

一方こちらが取引所ですが、取り扱いは現物のみというファンキーさです。まぁ、分かりやすいというかなんというか。圧倒的にカジュアルな感じです。

このようにbitFlyerさんの場合、販売所なのか、取引所なのかがイマイチグレーな感じです。

  bitFlyerの画面

メインのインターフェイス

ログインして表示される画面はこんな感じです。ユーザーの資産状況が分かりやすく表示されるのは非常に良いと思います。ワタクシのヘッポコ残高はあまり気にしないでください。

画面左側がメインメニュー。よく見るといろいろなことに注力されていることがわかると思います。これは人によって、良かったり、余計だったりと思います。

さらに、画面の下をよーく見てみてください。グレーのバーに白抜きの英語で何やらいろいろ書いてありますが、この先結構内容が充実しています。なんだか非常にもったいないです。よーく見ると突貫的な感じが否めません。

フルスクリーンの取引統合画面bitFlyer lightning

そしてこのメニューにもあるbitFlyer Lightning、アクセスすると、いままでの白い世界から打って変わってダークワールドへ引きずれこまれる感覚に襲われますが、これ多分、トレーダー向けに一番アピールしたいんだと思います。設定などもたくさんできて、たしかに便利そうですが、ワタクシ的には見やすい印象ではありませんでした。トレードできるペアはビットコイン BTCをメインに日本円、イーサリアム ETH、ビットコインキャッシュ BCH。できるトレード内容も豊富で機能は満載です。音を設定でどうにかしないと、ラスベガスのカジノみたいな音が四六時中鳴りまくって相当やかましいですけど。それと、画面から消す設定がどこかにあるとは思いますが、チャット部分がワタクシ的には不要です。たまにすごく有益な情報をのこしてくれる方もいるんですが、スクロールのスピードについていけません。これ、みなさん読めるんですかね?

販売所と取引所の違い

全てにおいて初体験であったワタクシ、このメニューにある販売所と取引所の違いがよくわかりませんでした。販売はbitFlyerからビットコインを購入、取引は他のユーザーと直接取引をする、bitFlyerは仲介料をチャージする、といった違いです。結果、他ユーザーとの取引のほうが割安に手数料も安くビットコインを手に入れることがきることになります。下がビットコイン取引所の画面です。

そしてこれが販売所です。bitFlyerと現物売買ということですね。拡大してみていただくとわかりますが、やはり販売所のほうが割高になっています。若干相場は動いていますけど。

で、これがアルトコイン販売所の風景です。

  その他の機能

クレジットカードでビットコイン・アルトコインを購入

ワタクシがコインの世界に足を踏み入れたのがbitFlyerからだったのはまさしく広告の勝利というところでしょうが、モナコインを扱っていたというのも大きな要因でした。しかもクレジットカードで購入できる!今考えると一番割高な入手方法だったとは思いますが、とにかく時間がかからない。その後、この時間がかからないというところに、すべてのポイントがあるような気になりましたが、その話はまた別のところでいたします。そして忘れてはならないのがクレジットカードで購入したコインは7日間運用の対象にすることはできない!ということです。ワタクシの場合は全く構わない条件でしたが、トレード練習をしたい方など、一週間我慢はあり得ないでしょう。

ビットコインがもらえるタイアップへのリンク集

こういったものは他の取引所ではみたことがありません。正直ビットコインで投機・投資しようなんてひとたちにこんなちまちましたものが、どのくらいアピールするのかわかりませんが、ワタクシの価値観も崩壊していると、よくいろいろな人から言われるので、もしかしたらよいサービスなのかもしれません。

ビットコインで決済できるウェブショップの支援

ワタクシの場合、少し興味があります、この機能。このショップ開設、ビットコイン導入支援は他の取引所ではみたことがありません。

  スマホ

どこの取引所のスマホアプリもよくできていて、bitFlyerのアプリも単刀直入で非常にわかりやすいです。最初の画面には、総資産、前の日に比べての資産の動向、コインの直近動向が一元的に表示されます。販売所はすべてコインがあるけど、取引所にはやっぱりビットコインしかありません。2018年の今年こそは取り扱いコインが増えることを願ってやみません。

  ワタクシの意見

bitFlyerをすすめているサイト、本当によく見ます。でも、自分はあんまりオススメしません。と、いうのもすぐに”ココちょっと違う”となる人が大半だと思うからです。暗号・仮想通貨のこれからはアルトコインです。アルトコインのラインナップにモナコインがあるのは非常に興味深いんですけど、結局高い手数料で売り買いしないといけない。あと、どういうわけかbitbankのモナアドレスは受け付けてくれません。bitbank側に、名指しではありませんが問題を把握している旨の文章があって、対処方法として一回ローカルウォレットにおとして、そこからまた転送してくださいとありますが、これは改善するべき部分だと思います。

それと、ここ一か月でサーバーが完全にダウンすること一回、挙動不審になること一回。消費税対象外になってもはや商品ではなくなった暗号・仮想通貨を扱うサーバーで、入会してから2週間程度でこのような大きな問題に直面すると信頼度を疑わざるを得ません。利用している銀行のウェブサーバーがダウンして、お金の処理ができなかったら大問題ですよね?

とはいっても登録は無料ですし、ワタクシの収入になるアフィリエイトリンクがはってあるこのサイトから申し込んでいただくのは、一向に止めませんけど。 笑 と、いうかぜひ!