coincheck

[browser-shot url=”https://coincheck.com/?c=lwfHeLhW9no” width=”600″]

  目次

  メリット

  • 取り扱いコイン銘柄が多い
  • スマホアプリが使いやすい

  デメリット

  • 少し割高な手数料

[gdrts_stars_rating_auto distribution=”normalized” template=”expanded” alignment=”none” style_type=”font” style_font_name=”like” style_image_name=”star” style_size=”20″ font_color_empty=”#878787″ font_color_current=”#dd9933″ font_color_active=”#dd9933″ /]

コインチェックサーバーがハックされ、NEMが大量に不正出金されたました。
初心者の暗号通貨・仮想通貨からも申し込みページへのリンクを一時消去しました!
詳細はコインポストさんのまとめを参照してみてください!

  初心者にオススメcoincheckの印象

アルトコインの数が多く、ビットコインでトレードが行えます。でも、トレードビューというメニューをクリックしてトレード画面へ遷移してみるとJPYを軸にしたアルトコインのメニューが表示されるので、今後アルトコインでのトレードも行えるようになるのかもしれません。だとしたらダントツにオススメの国内取引所ですが、今のところは海外の取引所へ行く前の準備場所くらいな感じです。売買できるアルトコインの多さ、日本円での決済、クレジットカードでの購入、などの主だった機能はワタクシのような初心者がいろいろ学ぶには最適なものだと思います。それと取引所にずらっと並んだアルトコインの値段がリアルタイムで変わる画面、これが便利なんです。初心者には暗号通貨・仮想通貨の感覚をつかむのに最適ではないかと思います。

まだ安いアルトコインも!

日本のほかの取扱所では見かけない安いアルトコインもあります。具体的にはリップルとネム。この2銘柄は話題も多いので、購入するのであれば今のうちかもしれません。事実自分が購入したときは2者とも50~70円でしたが、いまはもう100円をきることは滅多にありません。

取扱コイン

Bitcoin ビットコイン BTC | Ethereum イーサリアム ETH | Ethereum Classic イーサリアムクラシック ETC | LISK リスク LSK | Factom ファクトム FCT | Monero モネロ XMR | Augur オーガー REP | Ripple リップル XRP | Zcash Zキャッシュ ZEC | NEM ネム XEM | Litecoin ライトコイン LTC | DASH ダッシュ DASH | BitcoinCASH ビットコインキャシュ BCH

  申し込み

例のごとく申し込み手続きはウェブからすべて行えます。ウェブからの申し込みのあと郵送されるハガキが登録した住所に到着したら、正式に取引が開始されます。ちなみにハガキが到着する前にクレジットカードでコインを購入することはできました。手順はワタクシが説明するまでもありません。イキナリ申し込んじゃってください、迷うことは一切ありません。

  取引

どちらかというと販売所

この画面はアクセスしたときに表示される画面ですが、見た目は取引所というかなんというか、間違いなくトレード画面ではないです。どちらかというとコイン販売所という趣です。ある意味この方が最初はわかりやすいかもしれません。そして、トレードビューというのが別に用意されています。

こちらは普通にトレードビューになっていますが、なんとペアはひとつだけ。潔いというかなんというか。こういうのガンガンやりたい人には正直、coincheckは物足りないかもしれません。ただし、上でも触れましたが、ペアのメニューは用意されているので、今後はいろいろなペアが実装されていくのかもしれません。

画面はトップのメニュー>ウォレット>コインを買うを選んだときの画面です。あらかじめ銀行振込をおこなって、その日本円でコインを購入する場合に使う画面です。非常にシンプルで迷うことはありません。

コインチェックでの総資産はこんな感じで表示されます。コインごとの資産額が表示されるようになると、よいと思いますが、残念ながら今はそのようには表示されません。

  でんき

でんきのはなし?

でんきというメニューがあるんです。なんとコインチェックでんきというサービスで、電気代をビットコインで割安に支払うか、円で支払ってビットコインでキャッシュバックをもらうかを申し込むことができます。イーネットワークシステムズのサービスを利用したもののようなので、電力に関して心配する必要はなさそうです。かなり突拍子もない話のようですが、採掘にかかった電気代のキャッシュバックをビットコインでもらうとなると、ダブル採掘というか、何か新しさを感じます。手順を見てみると、結構大変そうなのでワタクシはいまのところパスしています。

  スマホ

単純明快

スマホは専用のアプリが用意されています。このコインチェックのアプリ大変優れていて、慣れてくるとスマホばかり見るようになってきます。このあたり、コイン購入にフォーカスをおいたコインチェックならではなんだと思います。事実取引メインのバイナンスの場合、ワタクシほとんどアプリを使っていません。かなり完成度の高いアプリだと思います。

で、一見シンプルで機能が限定されていそうな見た目のアプリですが、すべての機能が網羅されています。購入もコインの預け入れも送金も全部大丈夫。画面左上の三本線をタップすると、画面が全部右へスライドしてメニューが出現します。

この画面から各操作を行えるわけですが、各機能どれも見やすく、使いやすいです。オススメ!

  総評

取引をする場所ではなく購入する場所

ビットコインの価格上下で利益をあげようという方は別ですが、アルトコインの取引も楽しみたい方には向いていません。むしろ日本円でスムーズにアルトコインを購入したい方向けです。ワタクシは右も左もわからないときに、コインチェックでリップルを購入したという流れ上、そのときのリップルがそのままここにあるくらいで、普段の売り買いにコインチェックは一切利用していません。やはり手数料が少し高めだというのが決定的な理由です。

BTC 0.001 BTC 1900円 (1BTC=190万円として)
ETH 0.01 ETH 1100円 (1ETH=11万円として)
ETC 0.01 ETC 38円(1ETC=3800円として)
LSK 0.1 LSK 300円(1LSK=3000円として)
FCT 0.1 FCT 730円(1FCT=7300円として)
XMR 0.05 XMR 2100円(1XMR=42000円として)
REP 0.01 REP 90円(1REP=9000円として)
XRP 0.15 XRP 45円(1XRP=300円として)
ZEC 0.001 ZEC 63円(1ZEC=63000円として)
XEM 0.5 XEM 100円(1XEM=200円として)
LTC 0.001 LTC 30円(1LTC=3万円として)
DASH 0.003 DASH 390円(1DASH=13万円として)
BCH 0.001 BCH 280円(1BCH=28万円として)

※ コインチェックユーザー間の送金手数料は無料

コインの価格は常に変化しているので、日本円はあくまで目安としてみてください。それと日本円を出金するのには1回400円の手数料がかかります。結構かかりますね、手数料。