Livecoin

[browser-shot url=”https://livecoin.net/?from=Livecoin-9SQepg9N” width=”600″]

  メリット

  • 取扱コインが多い
  • 非常にわかりやすいインターフェイス
  • ビットコインの価格当てるゲームがある

  デメリット

  • チャートの最短足が15分

[gdrts_stars_rating_auto distribution=”normalized” template=”expanded” alignment=”none” style_type=”font” style_font_name=”like” style_image_name=”star” style_size=”20″ font_color_empty=”#6d6d6d” font_color_current=”#dd8500″ font_color_active=”#dd8500″ /]

登録コイン数372!

インターフェイスにこだわりをもっているだけあって、非常に見やすいです。そして、なんとMONAがBTCマーケットに上場しています!できればETHマーケットにもあってほしかった!そして、MONAを採掘して、直接Livecoinへ送って取引するなんてこともできます。

ご覧の通り、ペアが7種類と多めです。もちろん主軸はBTCとETH。MONAコインはBTCの中にあります。ちなみにマイニングプールから直接LivecoinのMONAへDepositしてみましたが、まったく問題なく行えました。さらにZaifにあったMONAもついでに送金してみました。これもまったく問題なし。ただし、所有総資産が100USDを超えると2段階認証が必要になります。2段階認証はGoogle Authenticatorで行えます。

取引は指値にあたるLimitと成行のMarketの2種類です。まぁ十分です。ページをスクロールしていくと取引履歴を閲覧できますが、選択中のペアのみならず、ログインしているユーザーの全履歴表示をトグルするスイッチがついていたり、インターフェイスはバツグンの出来です。これはイイ!

チャートは15分足が最短です。ここ1分足が欲しいところです。チャートのMAというところをクリックすると移動平均線を表示することが可能で、もちろん異なった期で複数、異なった色で表示することも可能です。深度表示も備わっています。必要十分という感じです。

メインメニューはご覧の通り、BUY/SELLが取引、BALANCEが口座残高、THE GAMEは次に紹介するギャンブルセクション、ACCOUNTはアカウント設定です。残念ながら言語に日本語は用意されていません。

ゲーム?仮想通貨ギャンブル!

Livecoinのもう一つの目玉がこのゲーム!特定期間内の終値が表示価格より高いか、低いかを当てるゲームです。4人で1チームにならないと成立しないようで、以下のような場合ゲーム自体がキャンセルされ掛け金は払い戻されます。

  • 終値が表示価格と同額だった場合
  • 4人グループのメンバーが全員当てた場合

ゲームは敗者の掛け金を勝者の掛け金の大きさに合わせて割合分配される仕組みです。

みんな結構掛け金が大きくてワタクシは参加する気になれません。 笑

とは言え0.001 BTCから参加できるので、少額で楽しむ分にはよいかもしれませんね。